田植前後の管理について

田植前後の管理について

本年も田植の時期になりました。次の項目にある基本技術を励行し、実り多き秋を迎えるようにしましょう。

1 育苗期の管理

この時期は気象変動が激しいため、苗立枯病や生理障害によるムレ苗が発生することがあります。症状が軽微な場合は、苗を本田に移植すると多くの場合回復してきますので、田植作業ができる場合はすみやかに行ってください。
田植まで日数がある場合は、苗立枯病が発生しやすくなるので、表1を参考に防除をしてください。
なお、特別栽培米等の減農薬栽培に取り組んでいる場合は、使用できる薬剤数に制限がありますので、農協等の関係機関に御相談ください。

【表1】苗立枯病の防除薬剤(例)
病原菌 症状 使用農薬の例(成分数) 使用時期 使用方法
フザリウム モミの周りに白ないしピンク色のカビが発生する。
低温多湿で発生しやすい。
タチガレエース液剤(2) は種時又は発芽後 育苗箱1箱当り希釈液500~1000倍液500mlを土壌灌注する。
ピシウム カビは発生しない。根が水浸状に褐変し、萎凋枯死する。坪枯れ状となる。低温で発生しやすい。
リゾープス 土の上に白いクモの巣状のカビが発生する。低温多湿で発生しやすい。 ダコニール1000(1) は種時から緑化期 但し、は種14日後まで 同上
トリコデルマ 地際部やモミの周りに青緑色のカビが発生する。
30℃以上の高温で発生しやすい。
ベンレート水和剤(1) は種時とは種7日後頃の2回 同上

(1)苗立枯病

苗立枯病の防除には、予防が効果的です。発病してから使用できる農薬は限られているので、播種前に、種子消毒や育苗箱消毒を確実にしておくようにします。

(2)ムレ苗(センコウ苗)

予防にあたり、播種前にフジワン粒剤を育苗の床土へ混和したり、は種時又は発芽後にタチガレエース液剤を土壌灌注することができます。ムレ苗が発生初期であれば、すぐに田植をすると回復します。

2 田植前後の管理

表2を参考にいずれかの薬剤により、病害虫の予防をしましょう。なお、使用時期によって対象病害虫が異なりますので注意してください。
植付株数を減らす取組については、全国の試験事例では、早期・早植栽培では50株/坪(30cm×22cm)までが安定しており、それ以下では天候の影響を受けやすく、品質、収量ともに不安定となる傾向です。
田植後数日間は、なるべく浅水に管理して水温・地温を高め、苗の活着と分げつの発生を促しましょう。

【表2】育苗箱施薬による防除
薬剤名(成分数) 使用量 使用時期 適用病害虫
グランドオンコル粒剤(1) 50g/箱 移植3日前~移植当日 セジロウンカ、ヒメトビウンカ、イネシンガレセンチュウ、イネミズゾウムシ、イネドロオイムシ、ニカメイチュウ、ツマグロヨコバイ、イネツトムシ
ビルダープリンス粒剤(2) 50g/箱 緑化期~移植当日 いもち病、ウンカ類、イネドロオイムシ、コブノメイガ
移植3日前~移植当日 白葉枯病、もみ枯細菌病、イネミズゾウムシ、ニカメイチュウ、イネツトムシ
デジタルコラトップアクタラ箱粒剤(2) 50g/箱 移植前3日~移植当日 いもち病、ウンカ類、イネミズゾウムシ、イネドロオイムシ、ツマグロヨコバイ
移植当日 イネクロカメムシ、ニカメイチュウ

3 雑草防除

除草剤を使用した後は7日間湛水状態を維持し、その間は水があふれたり落水しないよう、適切な水管理に努めてください。なお、田植前の耕うんや代かきはていねいに行い、田面を均平に整えておくことが除草剤の効果を高めるポイントです。
苗の活着が悪いほ場や植え痛みが出たほ場は、使用時期を遅らせてください。また、気温が高くなると雑草の生育が早まり、使用時期の範囲内でも薬剤が効きにくくなるので注意しましょう。
一発処理剤で効果が不十分の場合は、草種に適した中期剤・後期剤との体系処理を行います。また、同一成分の薬剤を連用をすると、除草剤の効かない抵抗性雑草が発生するおそれがありますので、作用性の異なる除草成分を含む除草剤でローテーションを行いましょう。

4 施肥

基肥を多くすると、病害虫の多発や倒伏を助長し、食味や品質の低下により、商品性が落ちますので注意しましょう。特にコシヒカリは倒伏しやすいので、基肥が多くなりすぎないように気を付けましょう。

標記の農薬の登録情報は平成23年4月7日現在のものです。

農薬の使用に際しては、ラベルを良く読み、使用量や使用時期、有効成分ごとの総使用回数などの使用基準を必ず守ってください。また、農薬の使用に当たっては、手袋、マスク等適切な保護具を使用するとともに、周辺の危被害防止にも注意してください。

一覧へ