スイートコーンの栽培

スイートコーンの栽培

東松山農林振興センター

は種時期をずらして早出しをねらいましょう。
 
 

1 栽培暦・作型

 

(1)トンネル早熟栽培

ビニールやポリエチレンのフィルムを使ってトンネルを張り、その中に苗を定植する。
または、種を直まきします。6月中旬からの早出しが可能になりますが、この作型は晩霜害を受けやすいので注意しましょう。
トンネルの除去は晩霜の心配がなくなってから行います。
 

(2)露地マルチ栽培

4月頃からトンネルなしで定植・直まきができます。不織布をべたがけして、保温すると良いでしょう。
栽培時期が遅くなると虫害が多くなります。畑を観察して防除を行ってください。
 

栽培暦

 
 

2 品 種

各種苗会社から多くの品種が販売されています。
種の袋の裏を見て、は種期別に適応品種を選びましょう。
品種は「味来シリーズ」、「ゴールドラッシュシリーズ」、「恵味シリーズ」等があります。
 
 

3 畑の準備

(1)ほ場選定

スイートコーンはデントコーンの花粉がかかると食味が低下します。
また、ホワイト品種は、イエロー系やバイカラー系の近くに作ると黄粒が混じります。
周囲の状況を確認し、栽培時期をずらすか距離を離して作りましょう。
 

(2)基肥施用

基肥は、定植・は種の10日前までに施用します(表1.施肥例)。
また、スイートコーンは吸肥力が強いため、肥料切れに注意しましょう。
 

表1 施肥例

 

(3)畝作りとマルチ

耕うん・整地後、ベット幅80cm(高さ10cm)、通路75cmの畝を作ります。
有孔マルチ(9230、9235)の2条千鳥を使用します。
マルチは雨を待つか十分にかん水してから張りましょう。
また、は種または定植の4~5日前までにマルチを張り、地温を高めておきましょう。
 
 

4 育苗・は種

(1)移植栽培 育苗と定植

育苗は、ハウスで行います。電熱温床を利用し、地温を27~28℃に設定します。
発芽が揃ったら、徐々に地温を20~21℃に下げ、苗の徒長を防ぎます。
 
定植は本葉2~2.5枚の苗を使用します。
は種後2~3週間後が目安になります。定植が遅れないようにしましょう。
10aあたり3500本定植する場合は、128穴トレイで30~32枚程度を用意します。
 

(2)直播き栽培

欠株が生じないよう、1穴当り2~3粒ずつ、は種します。
深さは2cm程度とし、本葉2~3枚になったら間引きを行います。
手で引き抜くと残す株の根を傷めやすいので、ハサミや鎌で地際から切り取ります。
 
 

5 管理作業のポイント

(1)換気(トンネル栽培のみ)

2葉期以降は積極的に換気を行います。高温にあうと、スイートコーンの先端部分に不稔が多くなり、短小化しやすくなってしまいます。
また、分げつの発生が抑えられて、低収や低品質の原因になることがあります。
品種によって管理の温度は異なります。味来は35℃、ゴールドラッシュや恵味は30℃を超えないように管理します。
 
こまめに管理ができない場合は、穴なしのトンネルよりは生育は遅れますが、穴あきの資材でトンネルを張りましょう。
トンネルの除去は、晩霜害の心配がなくなる5月上旬に行います。
 

(2)分けつは残す

株元から出るわき芽(分けつ)は、葉面積の確保や、根を多くして倒伏を防ぐ効果、受粉を助ける効果がありますので、残すようにしましょう。
 

(3)かん水・追肥

本葉6~7枚頃と雄花が見えてきた頃に、水と肥料を必要とします。
特に、雄花が見えてから収穫直前までは、かん水をやや多めに行いましょう。
 
この時期に乾燥すると、下葉がしおれ、スイートコーンの先端部分の実入りが悪くなったり、しなびの原因になるので注意しましょう。
追肥も忘れずに行いましょう(表1.施肥例)。
 

(4)発生しやすい病害虫

アブラムシ類は、はじめは株元に発生するので、本葉6~7枚の頃によく確認し、発生初期の防除を徹底しましょう。
アワノメイガ、オオタバコガは食害によって、商品価値を著しく下げるので、雄花が出た頃に1回目の防除を行い、その後は7~10日おきに防除をします。
 
農薬の使用にあたってはラベルをよく読み、使用基準を守って飛散防止につとめてください。
手袋やマスク等適切な保護具を使用して散布を行いましょう。
 
 

6 収 穫

収穫適期は、雄花の開花最盛期から25日頃、絹糸が褐色になるのが目安ですが、気温により熟期が早まるので、雄花の開花後20日頃からこまめに確認し、適期収穫に努めましょう。
収穫するとすぐに品質低下が始まるので、早朝に収穫して早めに出荷しましょう。

一覧へ