これからの麦の管理  〜冬の管理で麦秋が変わる〜

これからの麦の管理  〜冬の管理で麦秋が変わる〜

1 今年の麦の生育状況

麦今年産麦は播種期から年内にかけて、気温が平年並から高めに推移し、降水量も多かったことから、やや軟弱傾向の生育となっています。
気象庁発表の3ヶ月予報によると、今後もこの傾向が続くと予想されることから、今年の麦には暖冬に対応した栽培管理が必要です。

2 今後の管理

暖冬年の管理の基本は、(1)軟弱徒長を防ぐ麦踏み、(2)追肥による肥切れ防止、(3)雑草の発生抑制、(4)大雨に対応した排水対策です。1月~3月の管理次第で収量、品質に大きな差が出てきます。

(1)麦踏み

麦踏みは、茎葉に傷を付けることにより水分が失われ、充実度が増して耐寒性が向上します。これと同時に、発根が促進され根長、根量が増加します。また、主稈の伸長が抑制され、分けつの発生が増加することから、稈長が短くなり、穂数の増加と穂揃いが良くなり、倒伏軽減や収量・品質の向上にも効果があります。
ただし、土壌水分の多いときには土壌が圧密化し、発根を妨げるので避けましょう。
麦は3枚目の葉が出始めたら1回目の麦踏みができます。その後は10日~2週間間隔を開けて茎立前(大麦は2月下旬、小麦は3月上旬)までに3~5回程度実施しましょう。

(2)追肥

暖冬だと生育が旺盛になり、肥料が早く使われます。また、降水量が多いと肥料が流亡しやすいため、生育後半に肥料不足となり、収量やタンパク質含有量の低下を招きます。
麦の生育にあわせて、2月下旬~3月上旬に10aあたり窒素成分で1~2kg追肥しましょう。

(3)雑草防除

年明け以降、播種後に散布した除草剤の効果が低下し、徐々に後発の雑草が発生してきます。暖冬年では雑草の発生も早まります。前年発生した雑草は、今年も必ず発生するので、雑草の種類と発生状況を観察し、適期に適切な除草剤で防除し、製品への混入を防ぎましょう。

(4)排水対策

麦は畑作物のため過湿に弱い作物です。茎立期以降は新根の発生が減少することから、気温が上昇してきてからの滞水は、根を傷め収量・品質の低下に直結します。冬の間に必ず排水溝(明きょ)を設置し、湿害を防ぎましょう。

【表1】麦類生育期の雑草防除(茎葉処理剤)
薬剤名 10aあたり使用量 処理時期等 使用回数
エコパートフロアブル 50~100ml 畑地一年生広葉雑草
広葉雑草2~4葉期
ヤエムグラ2~6節期
節間伸長開始期まで
収穫45日前まで
2回
バサグラン液剤 100~200ml イネ科を除く一年生雑草
麦類の生育期
雑草3~6葉期
大麦は収穫90日前まで
小麦は収穫45日前まで
1回
アクチノール乳剤 100~200ml 畑地一年生広葉雑草
雑草生育初期
穂ばらみ期まで
ヤエムグラは4節期まで
カラスノエンドウは2~3葉期まで
2回
ハーモニー75DF水和剤 5~10g 畑地一年生広葉雑草及びスズメノテッポウ
播種後から節間伸長前
スズメノテッポウ5葉期まで
ハーモニー細粒剤Fを使用した場合は使用しない
使用後は消石灰を使用して十分に洗浄する
1回

この表は平成20年12月3日現在の登録情報に基づき作成しています。
農薬を使用する際には、必ず使用農薬のラベルを確認して適正に使用して下さい。

一覧へ