降雪に対する農業用施設の技術対策について

降雪に対する農業用施設の技術対策について

雪の季節となりました。平成26年2月の大雪後、県では施設被害の聞き取り調査を実施しました。その結果、有効であったと考えられる対策についてお知らせします。
(県農業支援課「降雪に対する農作物・農業用施設の技術対策」より抜粋)

昨年の大雪で倒壊・損壊に至らなかった施設も、歪みや損傷を受けていることが考えられますので、今一度、点検・対策を実施してください。

事前の対策

①融雪水が流入したり、湛水しないよう施設やほ場周辺に排水溝を設置する。
②予め除雪計画を立て、除雪作業に支障となるものは移動させる。

③積雪による被覆資材のたわみが雪の滑落を妨げるため、適切な展張となるよう取付金具の調整等を行う。
④被覆の外部に設置したネットや遮光資材は、雪の滑落を妨げるため撤去する。
⑤ハウスの補強資材や固定部品にゆるみがないか点検する。
⑥暖房機を点検するとともに、燃油残量を確認し必要に応じて補給する。
⑦ヒートポンプは室外機が雪に埋まると機能しなくなるため、対策を行う。
⑧除雪作業により燃料パイプなどが損傷しないようカバー等で保護する。

⑨積雪により負荷のかかる箇所に支柱や筋交い等で補強する。(下図参照)
著しい積雪が予想される場合は、緊急的な補強としてハウス内に支柱を取り付ける方法もあります。

201502-1

降雪時の対策

①降雪中、降雪後は人命最優先とし、著しい積雪で施設倒壊が危惧される場合には、施設内には立ち入らない。
②施設の破損、倒壊等が生じ、被害が軽微であった場合には、早急に修復を行い、施設内温度の確保に努め、低温による栽培作物の生育障害・枯死等の被害を防止する。
③一部損壊を受けた施設内の作物はトンネルやべたがけ等で被覆し、保温する。
④積雪により停電が発生する恐れがあるため、電源や設備の状態に注意する。

⑤加温設備のあるハウスでは、カーテンを開け、暖房機を運転してハウス内の暖気を拡散し、屋根や谷部の融雪を促進する。
⑥加温設備のないハウスでは、カーテンを開放し、地熱の放射により、融雪を促進する。
⑦雪が積もったら、速やかに雪下ろしや除雪を行う。
⑧ハウスサイドの積雪が多くなると、屋根の雪とつながり雪が落ちなくなるため、ハウスサイドの除雪を行ってから上部の雪を下ろす。
⑨積雪が偏ると、荷重バランスが崩れ倒壊の危険が増すため、ハウスの両側から均等に除雪する。
⑩除雪の際には、電気配線や燃料の配管を傷つけないよう注意する。また、火災の発生を防止するため、通電再開時には配線切れ等を再確認する。

⑪ヒートポンプは室外機が雪に埋まると機能しなくなるため、室外機周りの除雪を行う。

201502-2

201502-3

一覧へ