小麦の栽培管理

小麦の栽培管理

高品質(1等・Aランク)な小麦生産を目指して、次の基本技術を励行しましょう。

【小麦の品質評価基準】
項目 基準値 影響する主な要因と対策
たんぱく 9.7~11.3% 地力・施肥量(追肥により向上)
灰分 1.6%以下 登熟向上で低下(麦踏・排水対策)
容積重 840g/L以上 登熱向上で増加(麦踏・排水対策)
フォーリングナンバー 300以上 登熱後期の降雨(適期収穫)

排水対策

  • ほ場の排水不良は、出芽時には根腐れを引き起こしやすいので、多雨時には速やかにほ場外に排水されるように、明きょ(ほ場周囲とほ場内に5~10m間隔)を設置しておきます。

施肥

稲イラスト

  • タンパク含量と収量を確保するためには、適正な施肥が必要です。
  • 10a当たりの窒素成分量は、基肥は7kg程度、追肥では2kg程度です。
【施肥例】
  肥料名 10a当たり施肥量
基肥 けやき化成(14ー14ー14) 50~60kg
追肥 NK化成C6号(17ー0ー17) 10kg

種子更新

  • 採種ほ産種子を使用し、毎年種子を更新します。

種子消毒

  • 種子伝染性病害(なまぐさ黒穂病、裸黒穂病、斑葉病、条斑病)を回避するために、種子消毒を行います。
  • (消毒例)種子粉衣法
    ベンレートTコートを乾燥種子重量の0.5%種子粉衣します。 (種子10kgの場合では薬剤は50g使用)

播種

  • 播種が早すぎると、縞萎縮病が発生しやすく、また、晩播ではコムギなまぐさ黒穂病が発生しやすいので注意してください。

雑草防除

  • 除草剤の効果を高めるためには、丁寧な耕うん、整地が大切です。
播種様式 10a当たり播種量 播種深度 播種適期
ドリル播き 6~8㎏ 2~3㎝ 11月10日~11月25日

【カラスムギの防除対策】

  • 夏期に1か月間、常時湛水状態にしておくと種子は大半が死滅します。
  • プラウ耕で種子を深く埋めたり、また、播種の畦幅を広くして管理機による中耕除草や手取り除草を行います。

稲モノクロ2
カラスムギ

【除草剤散布の例】
薬剤名 使用時期 使用量(10a) 適用雑草
ラウンドアップマックスロード 耕起前又は播種前まで(雑草生育期) 200~500mL 一年生雑草
多年生イネ
科雑草
ゴーゴーサン乳剤30 播種後(雑草発生前)~小麦2葉期(イネ科雑草1葉期まで) 300~500mL 一年生雑草
ガレース乳剤 播種後出芽前(雑草発生前) 200~250mL 一年生雑草
アクチノール乳剤 穂ばらみ期まで(雑草生育初期)※カラスノエンドウは、2~3葉期までに散布する 100~200mL 畑地一年生
広葉雑草

※平成24年9月1日現在の登録状況です。
農薬を使用する際には、必ずラベルを確認して適正に使用してください。

一覧へ