かきの剪定

かきの剪定

1 剪定の必要性

剪定をしないと樹高が高くなり、収穫や剪定等の管理作業がしにくいばかりか、枝葉が込み合い病害虫の発生を助長し、隔年結果になり生産が不安定になります。そこで、管理しやすいように樹形を整えるために剪定を行います。
なお、かきは苗木を植え付けた時の植え痛みが発生しやすく、新梢の伸びが悪い場合が多いことから、植え付け前に堆肥等土づくりをしっかりと行ってください。新梢が30cm以上伸びていない場合は、剪定を行いません。

2 果樹の結果習性

果樹には花芽着生に結果枝型と結果母枝型があります。

(1)冬場に花芽が確認できその位置に結実するのが結果枝型で、りんご、なし、うめ、あんず、すももなどがあります。

(2)春に伸びた新梢に花が着き結実するものを結果母枝型といい、くり、ぶどう、キウイフルーツなどがあります。かきは、春に枝の先端から花芽を持った結果枝が3~5本発生し結実するので結果母枝型になります。枝先を切ってしまうと結実しませんので注意が必要です。

201512-1
  図1 結果枝の花芽着生

3 かきの樹形

かきは枝が勢いよく上に伸びる頂部優勢が強いことから、幹が直立し樹高が高くなりやすい特性を持っています。そこで、管理しやすいような樹形を作る必要があります。一般的には開心自然形と変則主幹形があります。

(1)開心自然形

幼木時から3本の主枝を決めて、斜め上3方向に枝を伸ばしていく樹形です。樹高を低くできるので管理作業がしやすい樹形といえます。

(2)変則主幹形

中心に主幹を置き、4~5本の主枝を配置し、その後最上段の主枝まで切り下げる樹形です。主枝の配置がしやすく、収量も確保しやすいのですが、樹高が高くなりやすい樹形です。

4 枝の切り方

枝の切り方は2通りあり、切り返し剪定と間引き剪定があります。

(1)枝の途中を切ることを切り返し剪定といい、先端部を少し切ると弱剪定、枝の1/4~1/3程度まで切ると強剪定となります。枝を伸ばしたい場合は枝の樹勢を見ながら強弱を判断し、切る位置を決めます。

(2)間引き剪定は、枝の分岐部から切り取って間引くことで、枝数を減らすときや樹形を整える場合に用います。(図2)

5 剪定と枝の作りかた

(1)主枝

どの樹形でも主枝はいちばん力強くまっすぐに伸ばします。先端の枝は3本程度の同じ強さの枝が発生しますので、必ず1本に間引き剪定をし、先端部を切り返し強い新梢の発生を促します。

(2)亜主枝

主枝上に左右に各1本ずつ亜主枝を配置しますが、横から発生した枝を利用し、主枝と同じように先端を1本に間引き剪定して、先端部をやや弱めに剪定します。主枝より太くならないよう注意が必要です。

(3)側枝

主枝、亜主枝上に側枝を発生させますが、下面から発生した枝は樹勢が弱く日当たりも悪いことから枯れやすく、品質が低いものとなります。上面から発生した枝は徒長しやすく、主枝、亜主枝と競合し樹形を乱す原因となります。したがって、横面から発生した枝を利用します。

(4)結果母枝

結果母枝から30cm程度の結果枝が発生し結実します。その枝が重なり合わないよう50~60cm間隔で配置し、多い場合は間引き剪定をしてください。

201512-2
  図2 樹齢別枝の構成

一覧へ