カキ・クリの剪定、樹形改造

カキ・クリの剪定、樹形改造

1 実施時期

一般に、落葉果樹の剪定は、晩秋落葉後から春の発芽までの「休眠期」に行われます。庭植等の場合は、年内に終わらせ、さっぱりして正月を迎えるのが気分がいいでしょう。

2 結果習性と剪定方法

今回、カキとクリに絞ったのは結果習性が似ているからです。今年伸びた枝をよく見てください。先端の方の芽は丸く太っていますが、基の方の芽は細くとがって感じるはずです。丸く太った芽から伸びた新梢に花が着くのです。このような枝を中途まで切り詰めると、翌年に成らなくなる恐れがあります。
したがって、剪定の方法とすると、枝を元から切り落とし本数を減らす「間引き剪定」【図1―A】を中心に行います。枝が多く混雑していれば、2年枝以上の太枝ごとノコギリで間引いてしまいましょう。
この方法は、ウメ、リンゴ、ミカン等、結果習性が違っても応用できます。
ただし、枝を切り詰める「切り返し剪定」【図1―B】中心の方が適す、ブドウ、イチジクは例外です。

間引き剪定と切返し剪定

【図1】間引き剪定(A)と切返し剪定(B)

3 樹高を下げる

樹高が高いと管理がしづらく、下の方が日照不足となります。脚立やはしごに登ってノコギリで切ることができる位置まで、上方を向いて伸びている太枝(直径7~8cm以上)を思いきって切り下げましょう。【図2】
この際、体の安定と枝の落下には十分注意しましょう。あまり太くない枝では、高枝ノコギリを使用するのも一法です。
カキでは、このような枝が1本で済む場合が多いですが、クリでは何本にもなる場合が多いと思われます。【図3】
これによって、かなり空間が出来ますが、来年は切り口から徒長枝が林立し、それを間引かなくてはならないほどになります。

切り下げ

【図2】樹高の切り下げ(A)

切り下げ2

【図3】樹高の切り下げ(B)

4 カキの更新剪定

カキでは、成るにしたがって枝が下垂し、枝先の勢いが弱ってきます。水平~上向きの当年枝のある部分まで切り戻し、結果部位の若返りをはかります。【図4】

剪定

【図4】更新剪定

5 切り口の保護

枝を切った後の切り口からの病気の感染や枯れこみを防ぐために、直径2cm程度以上の切り口には「ゆ合剤」等を塗っておきましょう。

一覧へ