失敗しない!果樹苗木の植え方

失敗しない!果樹苗木の植え方

1 植付時期

ナシ、ブドウ、クリなどの落葉果樹は、落葉後の秋植と萌芽前の春植があります。冬期間、十分な管理ができる場合を除いて、寒害や乾害を避けるため、3月中旬の春植が無難と思われます。寒さに弱い常緑果樹では、もっと暖かくなる4月が良いでしょう。

2 苗木の仮植

苗木は、11月から12月上旬ぐらいまでに購入しておいた方が、良いものが手に入るようです。購入した苗木は、一晩、根部を水に浸して十分吸水させてから仮植します。仮植は、風当たりが少なく暖かい、水はけの良い場所に行います。仮植の方法は、斜めに寝かした苗木の3分の1ぐらいが隠れる程度の溝を本数に応じた長さ掘り、苗木を1本ずつ斜めに並べ、細土をまんべんなくかけ、さらにムシロ等で防寒しておきます。複数品種ある場合には、耐水性のラベルを付けておきましょう。

【図1】仮植床模式図

仮植床模式図

3 植穴の準備

植穴は、肥料等をなじませるため、定植予定の2か月程前までに準備しておきます。苗木1本につき、直径80~100cm、深さ50~60cm位の穴を掘ることになりますので、多い場合には、バックホーを利用すると良いでしょう。植穴を掘る際、深さ20cm位までの表土と、それ以下の心土とに分けておき、心土には消石灰、ようリン各1kgと完熟堆肥(チップ等の木質分が判明できるようだと白紋羽病菌を助長する)10kgをよく混和して埋め戻し、鎮圧後、表土を盛り上がるように戻しておきます。

【図2】植穴の準備

植穴の準備

4 苗木の植付

苗木の植付は、暖かく穏やかな日に行います。仮植床から掘り上げた苗木は、ムシロ等で包み、乾かさないように運びましょう。準備しておいた植穴中央部の盛り上げた土を少し掘り、苗木の根が放射状に拡がるように据え、隙間のできないように丁寧に土を戻し、たっぷり灌水します。この際、根の太い部分の切り口が鋸状となっていたら、その部分を切って滑らかにしたり、くせがあって拡がらない根は切り詰めておきます。
苗木を切り詰める長さは、樹種や仕立て方によって変わりますが、地上50cm~1mのしっかりとした芽の上で切り、切り口には「ゆ合剤」を塗ります。
植付が終了したら、支柱を立て、ヒモで括っておきますが、ずれないように支柱にはきつく、苗には太って食い込まないように余裕をとることが大切です。また、苗木に接木テープが巻かれている場合には、取りはずしておきましょう。
受粉樹等、複数品種ある場合には、植える位置に留意し、品種がわかるようにしておきましょう。

【図3】植付け方

植付け方

5 植付後の管理

植付のポイントは、なるべく高い位置に植え、深植えしないことですが、反面、乾燥もしやすいので、半年ぐらいの間は、干天が続いたら灌水してやりましょう。雑草防止を兼ねた敷きわら等も有効です。肥料は、植付時には施用せず、芽が伸びた後、株元から離れた位置に少量ずつ施しましょう。病害虫の発生にも注意し、初期防除に努めましょう。

一覧へ