果樹の冬季せん定について

果樹の冬季せん定について

冬季のせん定作業は、樹勢や翌年の着果量の調整をする上で重要な作業です。また、病害虫の発生、増殖を抑えるためにも効果的ですので、適切に行いましょう。

1 枝の種類

名称と枝の位置は図1を参考にしてください。

  • 主幹:樹の幹を指し、地面から最上位の主枝の分岐部まで
  • 主枝:主幹から出る、骨格を形成する枝
  • 亜主枝:主枝が届かない場所を補う、骨格になる枝
  • 側枝:主枝、亜主枝から出る枝で、結果部を構成する枝
  • 結果枝:実をならせる枝

2 せん定方法

基本的な切り方として、「切り返しせん定」と「間引きせん定」があります。

切り返しせん定は、枝の途中で切り返す方法です。主枝や亜主枝などの先端を強く伸ばし、若木の育成や弱った樹の樹勢回復のために行います。

間引きせん定は、枝の基部から切り落とす方法です。日陰をつくる内向きの枝や直上に徒長した枝、枯死した枝を間引き、樹全体の受光態勢の向上や病害虫防除のために行います。

せん定作業は樹をよく観察し、この2通りの方法を使い分けて行います。

3 基本の樹形

主な樹形として、開心自然形と変則主幹形があります(図1)。

図1 基本の樹形
kihon_jukei

開心自然形は若木のうちから主枝を3本決め、斜め上に枝を伸ばします。樹高が高くなりにくく、管理しやすい樹形です。

変則主幹形は、主幹から4本ほどの主枝を配置し、樹が成木になった7~8年目ごろを目安に最上位の主枝の分岐部まで主幹を切り戻します。樹高は高くなりやすいですが、収量が見込める樹形です。

4 果樹の結果習性

果樹は樹種ごとに実のなりかたが異なり、そのなりかたを結果習性と呼びます。結果習性は結果母枝型と結果枝型の2パターンに分けられます。

カキやクリ、カンキツ等は春に伸びた枝に花芽が着生し、実をならせる結果母枝型で、ウメやアンズ等は前年に伸びた枝に花芽が着生し、実をならせる結果枝型です。

結果母枝型の場合は、冬季せん定時に枝先を切ってしまうと、春先に実をならせる新梢が発生しなくなってしまうので、着果させたい枝の先端は切らないようにしましょう(図2)

図2 結果母枝型の実のなりかた
hahagigata

5 せん定の手順

せん定を始める前に、樹全体を見渡し、主枝と亜主枝の位置を確認します。図3を参考に、せん定後の樹形をイメージしましょう。

せん定時に、主枝や亜主枝と結果枝の区別がされていない場合は、まず樹の骨格を決めます。主幹部から発生した枝で、伸びた方向の異なる強い枝3本を主枝とします。また、主枝同士の間に大きく空間があれば、主幹から発生した、主枝よりやや弱い枝を亜主枝とします。

主枝はどの樹形でも強くまっすぐ伸びるように配置します。主枝の先端から複数枝が発生している場合は、上向きの勢いの良い枝を残して1本に間引き、先端を強く切り返します。

亜主枝も同様に先端を1本に間引き先端を切り返しますが、主枝よりも強くならないように弱く切り返すなど注意が必要です。

骨格となる枝を区別した後は、真上に徒長した枝や、日陰をつくる内向きの枝、勢いのない下向きの枝を基部から間引き、なるべく横向きの枝を残します。

結果枝が重なっている場合は、枝同士の競合や果実のスレを防ぐため、間引きせん定を行いましょう。

せん定時は、太い枝の間引きから着手すると、切りすぎ防止に繋がります。

図3 樹齢別の枝の構成
jureibetsueda

6 せん定後の注意点

せん定後は、切り口の枯れ込みや病原菌の侵入を防ぐために、トップジンMペーストを塗布しましょう。また、病害虫は落ち葉などで越冬するため、ほ場の外か土中に埋めるなどして処分をしましょう。

※農薬を使用する際はラベルをよく読み、記載されている使用基準を順守しましょう。

(令和元年11月12日現在)

一覧へ