いちじくの栽培について(桝井ドーフィンの一文字仕立て)

いちじくの栽培について(桝井ドーフィンの一文字仕立て)

いちじくは、独特の食感と熟した甘みが魅力の果物で、初心者にも育てやすいため、近年、栽培される方が増えています。平成22年3月号で「植付け~1年目の管理」、平成23年3月号で「2年目以降の管理」を説明したので、今回は、「植付け後3年目以降の管理」についてご説明します。
※過去の記事は、JA埼玉中央ホームページで見ることができます。

1 せん定

月中旬、防寒のために主枝に巻き付けていた稲ワラを取り除きます。取り除いた稲ワラは株元に敷き詰めておくと良いでしょう。
その後、前年(植付け2年目)に伸ばした結果枝を切り戻します。切り戻す位置は、結果枝の基部から2芽(2節)と3芽(3節)の間が基本です。その際、3芽(3節)の少し下の部分を切るのがポイントです。【図1】
切り戻した後は、切り口に癒合促進剤を塗布し、枯れ込みを予防しましょう。

主枝を延長する場合

主枝を延長するため、2年目に主枝先端の結果枝を斜め上方(45度)へ誘引した場合は、せん定と同時期(3月中旬)に水平に誘引します。【図1】
誘引方法は2年目春に行った方法と同じです。一度に倒すと、枝が裂けたり折れることがあるので、2週間程度かけ、何回かに分けて徐々に誘引します。誘引後は、必要な部分を残して切り戻します。

【図1】せん定の方法

図1】せん定の方法

2 芽かき

月になると、切り戻した前年の結果枝の基部付近から、新芽が発生します。たくさん発生する新芽の中から、今年の結果枝とする芽を選びます(その他は除去します)。
作業は下記の(1)~(4)に留意して行いましょう(1)芽が3~4葉になったら行う、(2)片側40cmに1芽を残す、(3)「横芽」や「やや下芽」を残すのが基本、(4)遅れて伸びる芽もあるので、2~3回巡回して実施することがポイントです。【図2-1】【図2-2】
作業適期(芽の大きさ等)については、実際の写真【写真1】も参考にしてください。

【図2-1】片側40㎝間隔に芽を残す (芽が【写真1】のようになった頃行う)

【図2-1】片側40㎝間隔に芽を残す (芽が【写真1】のようになった頃行う)

【図2-2】芽かきの考え方

【図2-2】芽かきの考え方

【写真1】芽かきの時に「残す芽」「取る芽」

【図3】誘引の方法と結果枝の間隔

3 枝の管理

6月頃、結果枝が伸長したら、2年目と同様に水平のパイプに誘引します。片側の結果枝どおしの間隔は40cm程度とします。その後、結果枝の伸長に合わせて、垂直に誘引します。【図3】
結果枝は18~20節(1葉につき1節)になったら、成長点付近を摘芯します。

【図3】誘引の方法と結果枝の間隔

【写真1】芽かきの時に「残す芽」「取る芽」

4 収穫

当地域で一般的に栽培されている品種「桝井ドーフィン」は、収穫時期が8月下旬~10月下旬です。着果から収穫までは80~90日間で、果実が下向きになり、表面が緑色から赤紫色に変化し、果肉が柔らかくなったものから収穫します。いちじくは収穫適期の判断が難しいので、試し穫りをして熟度の確認を行うと良いでしょう。

5 施肥・水管理等

2~3年生の株と4年生以上の株では施肥量が異なります。【表1】
高温・乾燥となり、果実肥大が遅れたり、葉が萎れ気味になった場合は、適宜かん水を行います。また、長雨や大雨などによりほ場に水がたまった場合には、速やかに排水し、根が湿害を受けないようにしましょう。

【表1】いちじくの施肥体系
  2~3年生の場合 4年生以上の場合
元肥 ・3月上旬~中旬に施用
・有機質肥料を使用
・窒素成分で10aあたり4~5kg
・3月上旬~中旬に施用
・有機質肥料を使用
・窒素成分で10aあたり8~10kg
追肥 ・5月中旬と7月の2回程度施用
・有機質肥料を使用
・1回につき窒素成分で10aあたり2kg
・5月中旬~9月上旬の間に2~3回程度施用
・有機質肥料を使用
・1回につき窒素成分で10aあたり2kg
土壌改良 ・12月に施用
・苦土石灰を使用
・10aあたり60~100kg
・12月に施用
・苦土石灰を使用
・10aあたり60~100kg

※注:肥料は畦と通路にまき、その後の耕耘は行いません。(根を痛めてしまうため)

6 収穫後の管理

収穫後、葉は黄色くなり次第に枯れてきますが、途中で葉かきはせず、11月下旬までは自然に落葉するのを待つようにします。
月上旬には、苦土石灰を施用するとともに、防寒対策として、稲ワラを主幹と主枝に約5cmの厚さで巻きましょう。(垂直に誘引した結果枝には巻きません)稲ワラは翌年の3月中旬まで、巻いたままにします。

一覧へ