いちご(とちおとめ)の管理ポイント 育苗後半~定植まで

いちご(とちおとめ)の管理ポイント 育苗後半~定植まで

今年もいちごの育苗シーズンとなりました。改めて基本技術の励行により、良苗の安定確保をめざしましょう。

1 採苗

いちご2012

    ポット育苗では7月上中旬をめどに本葉2.5~3枚の揃った若苗を採苗します。「ポット受け」育苗の場合は6月下旬以降、ランナーをピンで固定しポットに受けます。

    2 仮植後

    炭疽病回避のため必ず雨よけ育苗とします。仮植後5日~1週間は遮光(40%程度の遮光資材)しながら、こまめなかん水を行います。新葉が立ち上がってきたら夕方や早朝から徐々に日を当てます。ポット育苗では、鉢上げ活着後に窒素成分で鉢当たり100~150mgを施肥します。(「ポット錠ジャンプ」は2粒、「IB化成S1号」では2~3粒)

    3 育苗後半

    こまめなかん水でチップバーンの発生を防ぎ、暑くならないよう日中は遮光資材で被覆します。ただし夜間や曇天時の日中は、外して湿度低下を図ります。同時に古葉やランナーを取り除き、常時3~4枚の展開葉とします。
    育苗後半の極端な肥切れは、芯止まり株の発生を助長させるので、8月上旬に置き肥か液肥の葉面散布を行います。

    4 定植

    基肥は窒素成分で15kg/10aをめやすに施用します。定植本数は7,500本/10a、株間は25cm以上とします。定植時期は花芽分化確認直後としますが、埼玉県での定植適期は、ポット育苗9月10日~15日、無仮植育苗で9月25日前後です。

    いちご2012−2

    5 定植後

    いちご2012-3

      定植後は早く活着させるために少量多回数かん水で発根を促します。クラウン部周辺に湿気があると、そこから不定根が発生しますが、この不定根の発生が重要なので、一日数回のこまめなかん水を実施します。
      活着後は、5枚の展開葉を残すように摘葉します。摘葉の遅れもクラウン部から発生する根が少なくなる原因なので注意しましょう。

      6 病害虫防除

      うどんこ病、炭疽病及びハダニ類は、苗からの持ち込みがほとんどです。定植前に確実に防除しましょう。

      いちご葉ダニ
      <ハダニ類>

      炭疽病感染株の維管束部分
      <炭疽病感染株の維管束部分>

一覧へ