大豆栽培管理

大豆栽培管理

本年もまた、大豆栽培が始まります。次のことがらに注意して、実り多き秋を迎えてください。

1 ほ場の選定

大豆は、連作障害と生育初期の湿害、そして開花期の干ばつに弱い作物です。
年以上同じほ場に連作すると収量は大幅に低下しますので、水稲や他の作物との計画的な輪作が必要です。
地表水が24時間以上滞水すると、生育初期では立枯れによる欠株や雑草害、子実肥大期では収量、品質が低下します。は種期から生育初期にかけては、特に湿害に弱いため、排水の良いほ場を選びましょう。
また、開花期には、高温・乾燥で花や莢が落ち、減収となることがあるので、畦間にかん水できるほ場を選定することを推奨します。

2 ほ場の準備

(1)排水対策

排水溝を整備し、暗きょ排水や弾丸暗きょ、サブソイラー等による心土破砕を行い、降雨後、速やかに排水ができるようにしましょう。

(2)耕起・整地

砕土の基本は、下層を荒く、表層を細かくすることです。発芽、苗立ちが向上し、除草剤の効果も安定します。ただし、粘土質土壌の場合は、は種後の降雨により酸欠とならないよう、やや粗めに砕土してください。

(3)土づくり・施肥

麦稈をすき込む場合は、コンバインカッターで8cm程度に切断して均一にばらまき、ていねいにすき込みましょう。特に、粘土質土壌の場合、わらや堆肥等の有機質資材を毎年投入し、土壌の膨軟化に努めましょう。
生育期になると根に根粒菌が着生し、これが窒素を大豆に供給するようになるので、過度の肥料は必要としません。しかし、初期生育を促進する上で基肥はとても重要です。窒素成分で2~3kg/10aを目安として施肥し、地力の高低により施用量を加減してください。麦稈すき込みの場合は窒素成分で1~2kg/10a増肥し、わらの分解を早めましょう。

3 種子消毒

種子は粒揃いが良く病害虫に侵されていないものを選ぶとともに、紫斑病などの予防のため、種子消毒を行ってください。

【表1】種子消毒の薬剤・方法
薬剤名 対象病害虫 使用時期 使用回数 希釈倍率 使用方法
ベンレートT
水和剤20
紫斑病 は種前 1回 乾燥種子重量の0.2~0.4% 種子粉衣
キヒゲンR-2
フロアブル
紫斑病、苗立枯病
タネバエ、ハト*、カラス*
は種前 1回 乾燥種子1kg
当り原液20ml
塗沫処理

※豆類(種実)で登録

4 は種

タチナガハ、エンレイは6月末までに、在来品種などの晩生品種は7月上旬を目安には種します。早播きすると茎が太くなり、収穫時に茎水分が低下しにくく、コンバイン収穫では汚粒の原因となるので避けましょう。は種が遅れた場合は株間を狭め、は種量を増やします。

5 雑草防除

以下の表を参考に、雑草の種類や防除時期に注意して薬剤を選定し、防除に努めてください。

【表2】除草剤の使用方法(例)
  薬剤名 使用時期 適用雑草名 使用量(薬量) 使用回数
土壌処理剤 ロロックス は種直後~出芽前 一年生雑草 100~200g/10a 1回
ラッソー乳剤 は種後出芽前 一年生雑草 300~600ml/10a 1回
トレファノサイド乳剤 は種後発芽前 一年生雑草
(ツユクサ、カヤツリグサ、キク・アブラナ科を除く)
200~300ml/10a 2回以内
茎葉処理剤 ナブ乳剤 雑草生育期(イネ科雑草3~5葉期)(但し、収穫60日前まで) 一年生イネ科雑草
(スズメノカタビラを除く)
150~200ml/10a 1回
ワンサイドP乳剤 雑草生育期(イネ科雑草3~5葉期)(但し、収穫60日前まで) 一年生イネ科雑草
(スズメノカタビラを除く)
75~100ml/10a 1回

6 中耕・培土

中耕・培土は雑草防除と倒伏防止、排水対策を兼ねて実施します。
コンバイン収穫の場合は、汚粒の原因となるので、培土高を10cm程度とします。

【表3】中耕・培土の時期・方法
第1回目 は種20~25日後
(本葉2~3葉頃)
ロータリーで子葉の上まで飛散させる
第2回目 は種30~35日後
(本葉4~5葉頃)
培土板を装着し初生葉の上までかける

7 病害虫防除

病害虫の防除は、発生状況に応じて適切に行ってください。
莢にしっかりと薬液がかかるように防除しましょう。

【表4】大豆の薬剤防除(例)
  薬剤名 病害虫名 希釈倍数・使用量 使用時期 使用回数
第1回 ダイシストン粒剤 アブラムシ類 3~6kg/10a 収穫60日前まで 1回
第2回
(8月中旬)
バイジット乳剤 ダイズサヤタマバエ 1000~1500倍 収穫45日前まで 3回以内
第3回
(8月下旬)
スミチオン乳剤
   +
トップジンM水和剤
カメムシ類
シロイチモジマダラメイガ
1000倍 収穫21日前まで 4回以内
紫斑病 1000~1500倍 収穫14日前まで 4回以内
第4回
(9月上旬)
トレボン乳剤 カメムシ類
シロイチモジマダラメイガ
ハスモンヨトウ
1000倍 収穫14日前まで 2回以内
【表5】ハスモンヨトウの発生が多い場合(8月下旬~9月中旬)
薬剤名 希釈倍数・使用量 使用時期 使用回数
フェニックス顆粒水和剤 2000倍 収穫7日前まで 3回以内
プレオフロアブル 1000~2000倍 収穫7日前まで 2回以内

8 収穫

豆刈機収穫では、大豆の成熟期(莢の大部分が変色し、振ると音のする時期)に収穫し、5日程度島立で自然乾燥させた後、脱穀してください。
コンバイン収穫では、汚粒の原因となる青立株や雑草を事前に抜き取ります。
汚粒軽減のため、茎が「ポキッ」と折れる程度に乾燥してから、一般的には午前10時以降に収穫してください。

標記の農薬の登録情報は平成23年5月1日現在のものです。
農薬の使用に際しては、ラベルを良く読み、使用基準を守ると共に、周辺への飛散防止にも注意してください。

一覧へ