茎が球形に肥るコールラビー

茎が球形に肥るコールラビー

 キャベツの変種。葉は小さく葉柄は長く伸び、葉が繁茂するにつれて茎の基部が肥り、直径6~8cmぐらいの球茎になります。利用の仕方が分からないためか知名度は低いですが、サラダ、糠漬け、塩漬け、スープ、シチュー、炒めものなど、工夫すれば用途は広いので、家庭菜園から増やしていきたい野菜の一つです。
 冷涼な気候を好み、生育適温は15~20℃ですが、キャベツよりも高温や低温によく耐えて育てやすく、種まきは3~9月までできます。
 キャベツより強健なくらいですから、畑に50cm内外の間隔でクワ幅のまき溝をつくって種まきし、2~3回にわたって間引きして最終株間を8~10cmぐらいにすればよく育ちます。元肥はあらかじめ畑全面に完熟たい肥と、油粕、化成肥料をばらまき、20cmほどの深さに耕し込み、生育中に2回ほど列の片側に化成肥料を追肥して、肥切れさせないようにして育てます。
 プランターや大型の平鉢などに植えて、球茎が肥大するのを眺めるのも一興です。緑色種と紅色種を混植すればいっそう楽しめます。この場合は少ない苗数でよいので、ポリ鉢(直径9cmぐらい)に5~6粒種まきして、育つにつれて間引き、1株残しとし、本葉5~6枚になったら容器に植えつけます。
200407.gif いずれの場合も図のように、球茎の下半分から出た葉は、大きくなったらもとの方からハサミで摘除してください。
 球茎の直径が6cm以上に肥大したころから逐次収穫して利用します。根に近い部分は固くて食べにくいので切り捨て、上部の皮をむいて4~5mmの薄切りにし、塩もみして用います。

一覧へ