農作業アドバイス

水稲収穫時の注意点

2016年09月07日

東松山農林振興センター

今年も水稲の収穫時期を迎えようとしています。天候の影響で御苦労が多かった年と思われますが、次の注意点を参考にして適期収穫を心がけ、実り多き秋を迎えてください。

1 早期落水はしない

早期落水は、品質低下(乳白米等)や減収の原因となります。

ほ場条件にあわせて、できるだけ収穫間際まで水を切らさないように心がけましょう。

2 適期刈り取りの実施

最初に出穂日を思い出し、それからおおむね三五日以降で収穫期になると考え、準備をしてください。

次に各品種にあわせた積算温度(表1参照)を参考にしてください。

表1 積算温度と帯緑色籾割合
20160902111543.png

三番目に、自分でほ場の帯緑色籾を確認して、収穫時期を決めましょう。

帯緑色籾割合とは、1穂の中に僅かでも青みが残っている籾の割合のことです(図1参照)。

図1 帯緑色籾
20160902111701.png

品種・作型ごとで割合が異なるので表1を参考に適期判断をしてください。帯緑色籾は図のように稲穂の軸に近い元の部分に多く見られます。

高温の年は、葉よりも穂が先に熟し、刈り遅れになりやすいので注意してください。

また、高温時には収穫時期が短縮する場合もあるので、注意してください。

20160902111746.png

3 適切な乾燥調整作業の実施

多くの皆さんは管内カントリーエレベーターやライスセンターを活用されることと思われますが、自分で作業を行う場合は、乾燥仕上げの水分は14.5~15%に調整してください。

特に高水分の籾を急速に高温乾燥すると、胴割れの心配があるので注意してください。

また、乾燥後の放冷が不十分ですと、籾すりをした時に肌ずれ米になることがあるので、気を付けましょう。

4 次年度への準備

収穫が終わったほ場の稲わらは早めにすき込み、腐熟を促進しましょう。

その際に土壌改良資材を併用することも、土作りには有効です。

また、今年も管内で縞葉枯病が散見されました。縞葉枯病に感染した刈り株から生じたひこばえをヒメトビウンカが吸汁することで、ヒメトビウンカの保毒虫率が上がってしまうので、この対策としても収穫後は早めに耕起を行い、ひこばえの発生を抑制し、翌年の保毒虫率の低下を図りましょう。

20160902111912.png

JA直売所へ行こう!

JA葬祭(アグリ倶楽部)入会無料キャンペーン

チャレンジ!!家庭菜園

農作業アドバイス

新規就農

ATM・ネットバンク一時休止

JAネットバンク

口座開設・住所変更

年金自動受取り

JAネットローン

JAの葬祭

みんなのよい食プロジェクト

もしものとき